魚に含まれるdhaには生活習慣病の予防効果があります!

レディー

歴史と効能

栄養補助食品

歴史

dhaは正式にはドコサヘキサエン酸といいます。成分の分類としてはオメガ3脂肪酸に分類されます。オメガ3脂肪酸はサバやマグロに多く含まれています。油であればアマニ油が非常に豊富に入っています。このdhaが注目され始めたのは1970年代からです。1970年代にイヌイットの健康調査がアメリカで行なわれていたのですが、彼らは魚中心の食生活であり野菜はほとんど食べません。それにもかかわらず動脈硬化や脳梗塞といった死に至る病気になる確率が非常に低かったのです。そこで、彼らがよく食べるアザラシを調べてみると、dhaが豊富に含まれていることがわかりました。そこからdhaの研究がすすんで人間が生きていく上で大きな効果を持っていることがわかりました。

効能

dhaの研究がすすんで次のような効果があることがわかりました。コレステロールの低下、学習能力の向上、血栓の生成防止、高血圧の抑制などがその代表的なものです。特に、注目を集めたのはコレステロールを低下させる効果があることがわかったからです。人間の身体にはコレステロールも必要なのですが、善玉と悪玉の種類があります。善玉コレステロールはいくらあっても問題ありませんが、悪玉コレステロールは体内に蓄積されると、高脂血症という病気をもたらすことがあります。これは動脈硬化の原因にもなります。したがって、悪玉コレステロールを低下させる必要があるのですが、そのためにdhaは非常に有効です。青魚を食べたりアマニ油を食べることでその高い効果を取り入れましょう。